梅雨入り前の"セルフ屋根点検"で、雨漏りを予防しませんか?


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

雨が降って寒い日が多いかと思いきや夏日だったり...早くもカラダがバテてしまいそうですね。そんな中、先日日本いぶしでは毎年恒例のこちらを準備しました!

20170512-b1.JPG

じゃーん!!
ゴーヤです♪

綺麗に緑のカーテンができる年もあれば、スカスカで実がほとんど生らない年もあり。真夏の水やりが大変なのですが、分厚い緑のカーテンとおいしいゴーヤができるよう、今年も頑張って育てます!


と、こんな夏支度もいいんですが、その前にやってくるのは そう、梅雨ですよね!昨年の東海地方の梅雨入りが6月4日頃だったので、もう1ヶ月切っているんです。そこで、比較的天候が落ち着いている今のうちに、一度屋根を見上げてみて屋根チェックをしてみてください(上るのはキケンですのでやめてくださいね!)。簡単なチェックポイントを下記に書いてみましたので、参考にしてみて下さい♪


【セルフ屋根点検チェックポイント】

□ 瓦が割れている・ズレている
20170512-b4.JPG


□ 軒天などの木が腐っている
20170512-b3.JPG


□ 樋が壊れている・詰まっている
20170512-b5.JPG


□ 室内にシミがある
20170512-b2.JPG


このような症状がありましたら一度屋根工事屋さんにご相談下さい。
ここまでの症状は無くても、10年に一度はしっかり診ておいた方が良いです。日本いぶしでは無料屋根診断も実施しています。不具合があった場合は修理をご提案いたしますが、何も問題がなければそれでOKですし、しつこく営業することはありません!お約束します。
「無料って逆にアヤシイ」とご不安に思われるかもしれませんが、私たちはただ屋根工事店としてみなさんのお家の屋根を守りたい、それだけです。そのためにはお施主様にもっと屋根を気にして頂けるようにしないといけないなぁ、と思うのです。

生活をしていると内装や設備にばかり気をとられてしまいますが、基本的な雨や風などから私たちを守ってくれるのは屋根・外壁です。雨が降っているのに傘もささずに服のコーディネートだけ気にしているのはおかしいし、風邪をひきますよね?それと同じで、屋根を気にかけて必要に応じてメンテナンスしてあげることがお家の健康に繋がるんです。そのきっかけのひとつとして、私たちは無料屋根診断をご用意しています。


こちらが屋根診断の詳細と、お申込み専用ページです。
shindan-linkbanner.jpg


「もう既に雨漏りしているかも...」という方はこちらからどうぞ!
amamori-blog.jpg


梅雨入り前の屋根点検。ぜひやってみてくださいね♪

【工事中】三重県いなべ市 屋根葺き替え工事


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

現在三重県いなべ市で、屋根葺き替え工事が進行しております。以前近隣のお家数軒を日本いぶしで工事させて頂いたご縁で、今回おまかせ下さいました。

二階(大屋根)が切妻屋根、一階(下屋)片側が寄棟屋根で反対側は切妻屋根という造りの、日本瓦のお家です。この日は既存の瓦を降ろす「めくり工事」の日でした。
2017040501.JPG



さて、日本瓦には本当に様々な種類がありますが、今は使用されることが少なくなっている瓦を見ると、「おっ♪」と嬉しい気持ちになります。
こちらのお家では、軒瓦が模様入りの野郎軒(やろうけん)でした。なかなかパンチのある名前です。軒瓦は見上げたとき一番に目に入るので、こういう細工が施してある模様入りの軒瓦もいいですよね。
2017040506.JPG

2階の軒瓦は現在主流の万十軒瓦(まんじゅうのきがわら)なので、おそらく2階は葺き替え工事をされたことがあると推測できます。



さらに隅棟の冠瓦が箱冠(はこかんむり)でした。
2017040507.JPG


今よく使われるのは、
スッキリとした素丸(すまる)または多聞丸(たもんまる)【写真左】。そして柔らかい印象の伏間(ふすま)です【写真右】。比べてみると箱冠は角ばっていてかっこいいですね!
2017040702.JPG 2017040601.JPG

色は同じでも、形が違うだけで印象は変わります。
洋風の瓦も、板金や新素材の屋根材もとても素敵なのですが、日本瓦が一番「遊びゴコロ」があるんじゃないかなぁと思います。今回のように「おっ」と思う瓦を見つけるのが面白く、街中では屋根を見るのが癖になっています。ようやく春がやってきたので、皆さんもこんな風にお散歩がてら屋根を観察してみてはいかがでしょうか。そして瓦に興味を持って下さる方が増えると嬉しいです!



地域最安値!施工実績10万件以上!!
岐阜・愛知の屋根のことなら日本いぶしの屋根リフォームにおまかせ下さい!
まずは屋根の状態を知りましょう。無料屋根診断受付中です♪
shindan-linkbanner.jpg

お問い合わせ

施工事例一覧

お気軽にお問合せをしたい方はこちらからどうぞ!
LINEでかんたん屋根相談
友だち追加






屋根漆喰の塗りすぎにはご注意を


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

今日は日本いぶしにもよくお問合せを頂く、屋根漆喰の補修工事についてお話します。
屋根における漆喰は、瓦を固定したり瓦同士の隙間を埋める役割があります。
瓦のようにメンテナンスいらずではありませんので、約10年スパンで補修工事をしてあげるのが良いです。

漆喰の塗り替え工事はこのように一度既存の漆喰を取り除いてから、新しく漆喰を塗ります。

20170215.JPG


私たち日本いぶしの屋根リフォームを含め、多くの屋根工事屋さんはこの工程を必ずとります。
上から塗っただけですと漆喰の厚塗りになりやすいからです。


「え?漆喰が瓦の隙間を埋めるのなら、厚いほど安心なんじゃないの?」


答えはNOです。


(とっても簡易的ですが)雨が降った日の、瓦と漆喰の断面図
20170217-1.jpg 20170217-3.jpg
◎【正しい漆喰の塗り方】
漆喰が適切な量であれば、何も問題はありません。
×【厚塗り漆喰】
瓦のギリギリまで厚塗りをしてしまうと、瓦と漆喰の段差が小さいので雨が瓦から漆喰へと伝い、その隙間からじわりじわりと雨水が侵入してしまうのです。つまりは雨漏りです。


古い漆喰を剥がすということをしない業者さんも中にはいらっしゃるそうです。
でもその剥がす手間を怠ってしまうと、上のようにその後の屋根に大きく影響してしまうんですね。

漆喰のプロである左官屋さんがこうした屋根漆喰の補修をした際にも、厚塗りの時があります。
左官屋さんに悪気があるわけではないです。見た目もこちらの方が漆喰が目立ち、綺麗なのです。こんな風に。

20170215-2.JPG

しかしそこは、「屋根のことは屋根屋に」。漆喰の厚塗りは、屋根にとってはよろしくないのです。
屋根を守るための漆喰が、逆に雨漏りの原因となってしまうのはおかしいですよね!?
せっかくお金を出して修理をするのですから、きちんと屋根を守ってくれる業者に頼みましょう。


食事も
人間関係も
屋根漆喰も
腹八分目がちょうどいい。

そしてもう一度言います!
「屋根のことは屋根屋に」。
ぜひ、頭の片隅に置いておいて下さいね。



ついつい後回しになりがちな屋根の修理。

まずは無料でお家の屋根をチェックしてみませんか?
shindan-linkbanner.jpg

お問い合わせ

屋根修理工事事例一覧

LINEでかんたん屋根相談も受付中!
友だち追加





1  2  3  4
屋根リフォームを通じて住まいを快適にしてみませんか? 屋根修繕メニュー おすすめ屋根材 ラインで簡単お見積もり 無料屋根診断 無料雨漏り診断
施工実績多数。施工事例とお客様の声多数掲載 地域密着で対応 岐阜 日本いぶしの屋根リフォーム 屋根リフォーム
  • 岐阜 塗料 ひび 基礎 葺き替え 切妻 米棟 入母 平板瓦 雪止め 金具
  • 岐阜 屋根リフォーム メンテナンス 修理 差し替え 本谷 板金 塗料 ひび 基礎