【施工事例】屋根のメンテナンスの重要性


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

今日ご紹介するのは、半年ほど前に瓦が1枚落ちてきて割れてしまった、というW様。そろそろ築40年ということで、全体的な点検を含めた修理のご依頼を頂きました。


落ちた瓦は接着され、元の位置に戻されておりました。緊結線が切れ、鉄筋棒が歪んでいます。瓦を留められていないので、落ちてきてしまったのもうなずけます。
20180417_b2.JPG


棟下の漆喰が剥がれて、中の土も少し見えています。わずかですが、右側のように新しく漆喰を塗ってあるところもありました。
20180417_b1.JPG



瓦自体は綺麗ですので、棟を再度留め直す工事・漆喰の塗り直し工事をさせて頂きました。

20180417_b5.jpg


瓦はとっても丈夫です。塗装の必要もないのでメンテナンスフリーと言われています。しかし、瓦を留めている緊結線や鉄筋棒(今は錆びに強いステンレス製の棒をよく使っています)、漆喰などの副資材と呼ばれる屋根材以外のものはメンテナンスが必要です。
これら副資材の修理目安は10年ごとですが、お家が置かれている環境に左右されます。それを踏まえると5年ごとには点検しておいた方が良いでしょう。


W様邸の詳しい工事内容やその他のお写真、工事金額などはこちらからどうぞ!
大垣市 W様邸 瓦屋根 棟修理工事

その他の施工事例一覧


日本いぶしは点検無料。しつこい営業はいたしません。
shindan-linkbanner.jpg

LINEならかんたんに被害箇所の写真が送れます!
LINEでかんたん屋根相談
友だち追加

【施工事例】外壁と屋根がぶつかるところは雨漏りポイント


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

昨日FC岐阜の試合を観戦しました。
日本にはJ1とJ2を合わせると40のクラブチームがあります。市は全国で800近くもありますから、その中でクラブチームがある街というのはごく限られているのです。せっかく近くで観ることができるのだからと、年に数回ですが観戦に行っています。
20180416b.JPG

この日の相手は徳島ヴォルティス。先日亡くなられた俳優 大杉漣さんが応援していたチームです。遠方にもかかわらず、徳島サポーターの方もたくさんいらっしゃいました。岐阜在住・徳島出身、という方もいらっしゃったんじゃないかなぁと思います。結果は0-0で終わりましたが、お互い攻め合ってとても良い試合でしたよ!

スタジアムには出店が出ていて、いつもお祭りのような雰囲気です。サッカーに馴染みのない方でも、お店だけ見てみるのもいいと思います!小さいお子様を連れたご家族もたくさんいらっしゃいますよ。※回し者みたいですが(笑)、ただのスポーツ好きです。
FC岐阜の試合にもっともっとお客さんが増えて、老若男女問わず地域に定着するといいなぁと願っています。


さてさて屋根の話をしましょう!
今日は雨漏り修理工事事例をご紹介します。
雨漏りにお悩みだったH様。お伺いすると、雨染みは室内の壁にまで広がっていました。
20180410_b1.JPG

屋根裏の柱に雨染みを発見しました。こちらから伝ってきています。
20180410_b2.JPG

屋根全体を点検した後、雨漏り箇所の上で散水試験を行います。
20180410_b3.JPG

疑わしいところに水をかけて確認、を繰り返します。
20180410_b4.JPG

ここはどうかな?
20180410_b5.JPG

水が下りてきました!ここです!
20180410_b6.JPG

壁と屋根がぶつかっている所の水切板金の幅が足りていないことが原因だと考えました。
コーキングなどでふさいで補修をされていますが、瓦は完全にふさいでしまうと水の通り道がなくなり、雨水が壁の内側にまわって逆に雨漏りを引き起こすことがあります。
20180410_b7.JPG

こういった屋根×外壁などの異なる材がぶつかるところは雨漏りしやすいので、施工には注意が必要なのです。
今回は、既存の板金の上からさらに幅を大きくとった板金を重ね、雨が入らないようにしました。
20180410_b8.JPG


H様邸の詳しい工事内容やその他のお写真、工事金額などはこちらからどうぞ!
海津市 H様邸 雨漏り修理工事

その他の施工事例一覧


梅雨の前に屋根点検をしておきませんか?
shindan-linkbanner.jpg

LINEならかんたんに被害箇所の写真が送れます!
LINEでかんたん屋根相談
友だち追加

【施工事例】屋根屋が薦める正しいラバーロック工事


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!
花粉真っ盛り!な季節ですね。皆さんは大丈夫ですか?私は皮膚科で処方して頂いているお薬がアレルギー性鼻炎にも効くということで、マスクなしで生活できています。それでもたまにくしゃみが止まらなくなったりするので、今年の花粉も強いようです。この時期の皮膚科・耳鼻科はどこも混んでいるでしょうが、やっぱりお医者さんのお薬はよく効きますよー!

さて、今日は屋根瓦のラバーロック工法工事のご紹介です。
ラバーロック工事を簡単に言うと、瓦と瓦を接着剤で留めるというもの。古い屋根は瓦が固定できなくなっている場合が多く、風で飛んでしまうということがないように行う工事です。

今回ご依頼下さったO様は、台風で屋根瓦が数枚めくれあがってしまったとのこと。お伺いするとピンポイントに瓦が外れて割れておりました。自然の力って不思議ですね。

20180315_b2.jpg

築年数が経っているお家ですと土葺きであることが多く、古い葺き土は乾燥して瓦を固定する役目を果たせなくなっていますのでこのように風で葺き飛ぶことがよくあります。できれば葺き替えをおすすめしますが、今後3,40年も住まないとお考えであれば、このように補強するという選択もあります。


そこで有効なのがラバーロック。このように瓦同士を固定します。

20180315_b.JPG


なかにはこのように左側もつける業者さんもいらっしゃいますが、日本いぶしは上記の方法が一番良いと考えています。
20180315_b1.JPG


4つのフチを全部とめてある屋根もたまに見かけますが、あれは水が抜ける隙間がなくなり雨漏りを引き起こします。大変残念なことですが、構造を考えずに施工してしまう業者さん(?)がいらっしゃるということです。そういう屋根を見かけると悲しい気持ちになります...。ラバーロック工事を提案されたら、どんな風にやるのか聞いて頂いた方が良いです!日本いぶしに依頼しなくても、それだけは覚えておいて下さい!

と、不安にさせてしまったかもしれませんが、ラバーロック工事をすることで強風対策になります。半年後の台風シーズンに備えて、今から検討してみて下さいね。


O様邸の詳しい工事内容やその他のお写真、工事金額などはこちらからどうぞ!
岐阜市 O様邸 屋根瓦ラバーロック工事

その他の施工事例一覧


ようやく春!この冬の雪で曲がった雨樋の修理も、火災保険が使えます
top_info_btn_05_pc.jpg


shindan-linkbanner.jpg

LINEならかんたんに被害箇所の写真が送れます!
LINEでかんたん屋根相談
友だち追加







1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
屋根リフォームを通じて住まいを快適にしてみませんか? 屋根修繕メニュー おすすめ屋根材 ラインで簡単お見積もり 屋根修理に火災保険が適用できるかも? 無料屋根診断 無料雨漏り診断
施工実績多数。施工事例とお客様の声多数掲載 地域密着で対応 岐阜 日本いぶしの屋根リフォーム 屋根リフォーム
  • 岐阜 屋根リフォーム メンテナンス 修理 差し替え 本谷 板金 塗料 ひび 基礎
  • 岐阜 塗料 ひび 基礎 葺き替え 切妻 米棟 入母 平板瓦 雪止め 金具