無料相談
無料相談はこちら

blog

【施工事例】散水試験で見つかった雨漏りの原因箇所は、「隙間」

こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

雨の日の翌日、「雨漏りしているのを見つけたのでみてほしい」とフリーダイヤルでお問い合わせ下さったM様。インターネットで【岐阜 雨漏り 修理】と検索し、日本いぶしを見つけて下さいました!

雨漏りの原因は多岐に渡り、経験がものを言うこともあれば、「そこから!?」ということも。しかし被害が大きくなればなるほどもちろん費用もかかってしまいます。なんとか最小限にとどめられるよう、原因特定は急ぎたいところ。そこで、点検で原因箇所がはっきりしない時は散水試験を行います。

散水試験とは、疑わしいところに一定時間ホースなどで水をかけ、雨漏りするかどうかをみていく方法です。一箇所ずつ丁寧に見ていきますので少しお時間を頂きますが、雨漏り箇所が目ではっきりわかります。

M様のお家でも散水試験をさせて頂き、ひとつひとつ原因を探しました。

試験前に撮影した屋根裏の写真です。前日の雨で雨漏りしたとのことですが、雨水によるものと思われるシミがうっすら残っています。
20171011_b.JPG

そして散水試験後

20171011_b2.JPG

シミと同じように、じわじわと水が広がってきました。

水をかけた場所は、雨漏りしていたサッシ近くの隅棟。棟包み板金と瓦の、大きく空いた隙間が原因と考えました。

20171011_b3.JPG

隙間を埋めて工事完了!もともとあった板金の上からもう1枚カバーして、さらに強化しました。

20171011_b4.JPG

詳しい施工事例と金額はこちらをご覧ください
岐阜市 M様邸 屋根雨漏り修理工事

その他の施工事例一覧

地域最安値!施工実績10万件以上!!
岐阜・愛知の屋根のことなら日本いぶしの屋根リフォームにおまかせ下さい!

雨漏りのご相談伺います!

taihuu_blog.jpg

お気軽にお問合せをしたい方はLINEでどうぞ!
LINEでかんたん屋根相談
友だち追加

ぜひ一度、
体験型ショールームに
お越しください!