無料相談
無料相談はこちら

works

岐阜市 F様邸 カラーベストカバー工法工事

ご要望 先日の台風20号の後、スレート瓦葺き屋根(カラーベスト コロニアル)が割れて数個落ちてきている。台風のせいか自然損耗か不明。新築してから13年です。当時建築してくれた業者に問い合わせたところ、カラーベストは耐久が10年くらいだと言われましたがいかにも、早くないでしょうか?(F様より)

カラーベストリフォーム後

施工事例データ

施工箇所 屋根全体

施工内容 カバー工法工事

工事期間

工事費用 約1,000,000円

使用商材 新東(株) エコル
色:サーブル(黒)

築年数 13年


ご提案内容 割れているところは3ヶ所ほどで全体的には綺麗なので部分補修も可能ですが、カラーベストは15年程すると塗膜が劣化してくるので塗装工事が必要になります(立地により年数は変動します)。F様とお話しをさせて頂き、今後のメンテナンスを考えて石付きの板金でリフォームすることになりました。

施工前はこちら
カラーベストが割れている ドローンからの屋根の写真 変色している屋根
屋根材が数枚割れています。 ドローンからの映像で2階にも欠けた屋根材を発見しました。 全体的にはまだ綺麗な印象ですが、北面は日当たりが悪いので色あせが進んでいます。

日本いぶしの屋根リフォームによる
施工中の様子
ルーフィング施工中 エコル施工中 工事途中の棟
粘着ルーフィングをカラーベストの上から貼っていきます。 軒先から施工します。 頂点まできたら棟用部材の取付です。

施工が完了しました
工事完了後の屋根 平部
とても綺麗な仕上がりです! 表面に石粒を施してあり、それ自体が滑り止め効果を発揮するので、基本的には雪止金具は付けない屋根材です。
工事完了後の袖部 工事完了後の壁際のようす
屋根のサイド、袖部の納まりです。 壁とぶつかるところは雨が入りやすいので慎重に施工しなければなりません。

ぜひ一度、
体験型ショールームに
お越しください!