【施工事例】台風による屋根の被害で一番多い箇所は?



こんにちは。日本いぶし瓦です!

まだまだ台風シーズン真っ只中ですが、台風で一番多い屋根の被害が、棟部が飛んでしまうこと
棟とは↓このように屋根の面と面がぶつかっているところです。
20190921_b1.JPG


瓦が取れてしまった、と修理のお問合せを下さったW様。下地の木に水がまわっている様子でした。
20190921_b2.jpg


他の瓦も、棟瓦を留めているはずの釘が浮いています。
20190921_b3.JPG


仕組みはこうです。
 ①釘穴から雨水が侵入
 ②釘を固定している下地の木に雨が染みこむ
 ③木が腐る
 ④釘が効かなくなる・釘が浮いてくる(またさらに雨水が侵入)
 ⑥瓦が固定できなくなる→落下


こうした現象を防ぐため、今は釘の代わりにパッキン付きのビスで瓦を固定します。

20190921_b5.JPG

20190921_b4.JPG

ただ、パッキンも長年雨風にさらされますので劣化します。そのため、最低でも10年に一度は業者へ点検を依頼して下さい

釘からビスに切り替わったのはだいたい15年ほど前くらいだと工事部が記憶しておりますので、釘で施工してあるお家はたくさんあると思います。しかし釘だから必ずしも雨が入るというわけではありません。大丈夫なお家もあります。屋根、難しいです!!!


こうして施工方法もは変化していますが、天候もどんどん変化しています。「100年に一度」が何度も来るような気候です。安心安全な屋根にするためには、こうした変化に柔軟に対応していくことが求められます。日々勉強です。


詳しい工事内容や金額などはこちらからどうぞ
輪之内町 W様邸 棟瓦積み直し工事

その他の施工事例一覧


\屋根点検、本当に大事です/
shindan-linkbanner.jpg


LINEでもご相談受付中です
LINEでかんたん屋根相談
友だち追加






屋根リフォームを通じて住まいを快適にしてみませんか? 屋根修繕メニュー おすすめ屋根材 ラインで簡単お見積もり 屋根修理に火災保険が適用できるかも? ドローン屋根診断 無料屋根診断 無料雨漏り診断
施工実績多数。施工事例とお客様の声多数掲載 地域密着で対応 岐阜 日本いぶしの屋根リフォーム 屋根リフォーム
  • 岐阜 屋根リフォーム メンテナンス 修理 差し替え 本谷 板金 塗料 ひび 基礎
  • 岐阜 塗料 ひび 基礎 葺き替え 切妻 米棟 入母 平板瓦 雪止め 金具