無料相談
無料相談はこちら

blog

【施工事例】屋根のメンテナンスの重要性

こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

今日ご紹介するのは、半年ほど前に瓦が1枚落ちてきて割れてしまった、というW様。そろそろ築40年ということで、全体的な点検を含めた修理のご依頼を頂きました。

落ちた瓦は接着され、元の位置に戻されておりました。緊結線が切れ、鉄筋棒が歪んでいます。瓦を留められていないので、落ちてきてしまったのもうなずけます。
20180417_b2.JPG

棟下の漆喰が剥がれて、中の土も少し見えています。わずかですが、右側のように新しく漆喰を塗ってあるところもありました。
20180417_b1.JPG

瓦自体は綺麗ですので、棟を再度留め直す工事・漆喰の塗り直し工事をさせて頂きました。

20180417_b5.jpg

瓦はとっても丈夫です。塗装の必要もないのでメンテナンスフリーと言われています。しかし、瓦を留めている緊結線や鉄筋棒(今は錆びに強いステンレス製の棒をよく使っています)、漆喰などの副資材と呼ばれる屋根材以外のものはメンテナンスが必要です。
これら副資材の修理目安は10年ごとですが、お家が置かれている環境に左右されます。それを踏まえると5年ごとには点検しておいた方が良いでしょう。

W様邸の詳しい工事内容やその他のお写真、工事金額などはこちらからどうぞ!
大垣市 W様邸 瓦屋根 棟修理工事

その他の施工事例一覧

日本いぶしは点検無料。しつこい営業はいたしません。
shindan-linkbanner.jpg

LINEならかんたんに被害箇所の写真が送れます!
LINEでかんたん屋根相談
友だち追加

ぜひ一度、
体験型ショールームに
お越しください!