無料相談
無料相談はこちら

blog

瓦棒屋根はカバー工法できる?カバー工法のメリットについてもご紹介します


屋根の修理を依頼する際に調べてみると、いくつか屋根修理の工法が見つかり、どの工法で修理をすれば良いのか迷う方も多いはずです。
また、できる限り屋根修理のコストを抑えたいと思う方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は代表的な屋根修理の工法の一つである屋根カバー工法についておすすめします。
ぜひ屋根の修理に悩んでいる方は参考にしてみてください。

屋根カバー工法のメリットと注意点

屋根のカバー工法は既存の屋根の上に新しい屋根を重ねる工法です。
屋根が二重構造になるため、遮音性だけでなく、防水性も高まり、快適な住環境を実現できます。

また、葺き替え(ふきかえ)工事と比較して、既存屋根の解体や廃材の撤去費用が不要なため、コストが抑えられます。
お財布に優しく、快適な生活を送れるため、おすすめです。

ただし、既存の屋根の上に新規の屋根を重ねるため屋根の重量が増えます。
そのため、他の建物に比べて、地震のような揺れの影響を受けやすくなります。

他にも、スレートや瓦棒といったカバー工法を行う上で対応できる屋根材が限られているので、注意しましょう。

カバー工法ができる屋根材の一つである瓦棒屋根の施工の流れ

カバー工法の魅力や注意して欲しい点はご理解いただけたと思います。
今回はカバー工法に対応できる屋根材の一つである瓦棒屋根でのカバー工法の流れについてご紹介します。

1.既存の瓦棒屋根の上に野地板をはる

既存の屋根が破損状態の場合、コーキングや塗装といった補修を行います。

補修が完了すると、既存の屋根に新規の屋根材をしっかり固定するために野地板を被せます。
既存の屋根に野地板が被さった状態をビスで固定します。

2.ルーフィングシートを張る

防水シートの役割を果たすルーフィングシートを野地板の上に張っていきます。
ルーフィングシートを施工しておくことで、屋根の隙間や破損部分からの雨漏りがしづらい構造にできます。

3.屋根材の施工

ルーフィングシートを張った状態で新規の屋根材を施工します。
新規の屋根材は軽量であるガルバリウム鋼板が選ばれることがほとんどです。

まとめ

屋根カバー工法はコストを抑えるだけでなく、遮音性や防水性に優れた工法です。
ただし、カバー工法に対応できる屋根材は限られているため、事前に確かめておくことが必要です。
当社はカバー工法をはじめとしたさまざまな屋根に関する工事を承っておりますので、屋根に関する悩みがある方はぜひお気軽にご相談ください。


屋根の工事には専門的な知識と技術が必須です。屋根リフォームを安心して行うなら、創業100年を超える屋根リフォーム専門店日本いぶし瓦へご相談ください!

お問い合わせはこちら

 

ショールームでも無料相談いただけます。診断前にまずは気軽に相談してみたい方は、岐阜県唯一の屋根専門「体験型」ショールームにお越しください!

来店予約はこちら

 

岐阜県岐阜市で屋根リフォームをお考えなら、まずはフリーダイヤル0120-548-124までお電話を!
屋根リフォームのプロフェッショナル集団がお客様のリフォームをしっかりとサポートいたします。

 

ご自宅の屋根状態を知りたいかたはこちら!

無料屋根診断

 

岐阜市・本巣市・山県市で地域密着、岐阜の屋根を100年守る日本いぶし瓦が、お客様のご自宅の屋根を診断して、必要であれば最適な屋根リフォームプランをご提案させていただきます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~皆様からのお問い合わせ、心よりお待ちしております。~

岐阜市・本巣市・山県市で屋根リフォーム、板金、瓦、雨漏りなどでお悩みなら屋根リフォーム・雨漏り・防災専門店の日本いぶし瓦までお気軽にお問合せください!

【フリーダイヤル】0120-548-124

【受付時間】8:00-19:00 【定休日】土曜日、日曜日、祝日

〒502-0813 岐阜県岐阜市福光東2丁目13-16

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひ一度、
体験型ショールームに
お越しください!