無料相談
無料相談はこちら

blog

棟板金の補修を知らせる劣化症状と下地の種類をご紹介!

2023.1.15(日曜) 更新

 

皆様こんにちは!

 

岐阜の屋根を守り続けて100年以上!

岐阜市・本巣市・山県市地域密着の屋根リフォーム・防災・雨漏り専門店 日本いぶし瓦です!

いつもいぶしスタッフのブログをご覧いただきありがとうございます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

屋根には棟板金という場所があります。
屋根板同士を棟板金で接合することで、雨水や虫の侵入を防ぎます。
今回は、棟板金の劣化症状と下地の種類をご紹介します。
棟板金や下地の修理をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□棟板金の劣化症状をご紹介!

棟板金が劣化すると、雨水や虫が屋内に侵入しやすくなったり、棟板金が飛んだりします。
そのため、劣化症状が見られたら、早急に補修した方が良いです。
補修のサインとなる劣化症状をここでご紹介します。

・釘の浮き
劣化の根本ともいえるのが釘の浮きです。
太陽の熱によって棟板金の温度が上昇して膨張し、貫板に固定した釘が浮いてきます。
逆に夜になると温度が下がって、浮いた釘を残したまま板金が収縮します。
また、釘の錆びや貫板の腐食も原因の1つのです。

・棟板金の浮き、剥がれ
釘が複数本抜けてしまうと、棟板金自体が貫板から浮いて剥がれてしまいます。
この場合は、棟板金の交換はもちろん貫板の交換も視野に入れましょう。

・棟板金の飛散
棟板金の釘が抜けたまま放置していると、強風や台風のタイミングで棟板金が飛ぶ可能性があります。
棟板金の先端というのは尖っているため、人やモノに落ちたら危険です。
また、雨漏りの原因にもなります。

□棟板金の下地の種類をご紹介!

ここで言う下地とは、貫板のことです。
元々貫板には木板が使用されていました。
具体的には杉を用いることが多く、軽くて加工がしやすいのが理由です。
ただし、木材は水に弱く腐食すると様々な悪影響が出ます。

そのような理由から、最近では木板以外も出回っています。
ここでは、樹脂製とガルバリウム製の貫板をご紹介します。

・樹脂製の貫板
近年よく用いられている素材です。
水分を吸収しにくく、木板と違って腐食しないことが魅力です。
また、抜けづらいビスで棟板金を固定することで、さらに耐久性の高い仕上がりになります。
割れやすい点に注意が必要です。

・ガルバリウム製の貫板
ガルバリウム鋼板も樹脂製同様に腐食しづらいため、長期間メンテナンスが不要になります。
基本的にビスでしっかりと固定するため強度があります。
ただし、年数が経つと徐々にビス穴が広がり、抜ける可能性があるため注意が必要です。

□まとめ

本記事では、棟板金の劣化症状と下地の種類をご紹介しました。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
ご紹介したように、下地は木材以外にもあります。
屋根の修理をお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

岐阜で地域密着創業100年以上・施工実績10万棟・岐阜で取り扱いNO1屋根材多数!

岐阜で屋根のことなら日本いぶし瓦へご相談!

 

ショールームでも無料相談いただけます。
診断前にまずは気軽に相談してみたい方は、岐阜県唯一の屋根専門「体験型」ショールームにお越しください!

来店予約はこちら!

※このフォームから営業のメールは送らないでください。

岐阜県岐阜市で屋根リフォームをお考えなら、まずはフリーダイヤル

0120-548-124までお電話を!

屋根リフォームのプロフェッショナル集団が

お客様のリフォームをしっかりとサポートいたします。

 

「屋根の劣化を指摘されている」

「自宅の防災が気になる」

そんな方に!

ご自宅の屋根状態を知りたいかたはこちら!

無料屋根診断

 

岐阜市・本巣市・山県市で地域密着、岐阜の屋根を100年守る日本いぶし瓦が、

お客様のご自宅の屋根を診断して、必要であれば最適な屋根リフォームプランをご提案させていただきます!

 

~皆様からのお問い合わせ、心よりお待ちしております。~

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
岐阜市・本巣市・山県市で屋根リフォーム、板金、瓦、雨漏りなどでお悩みなら
屋根リフォーム・雨漏り・防災専門店の日本いぶし瓦までお気軽にお問合せください!

フリーダイヤル0120-548-124

受付時間8:00-19:00定休日第2・第4土曜日、日曜日、祝日

〒502-0813 岐阜県岐阜市福光東2丁目13-16

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひ一度、
体験型ショールームに
お越しください!