無料相談
無料相談はこちら

blog

折半屋根の水漏れにお困りの方へ!ペフによる補修方法をご紹介!

皆様こんにちは!
岐阜の屋根を守り続けて100年以上
岐阜市・本巣市・山県市地域密着の屋根リフォーム・防災・雨漏り専門店 日本いぶし瓦です。

折半屋根の劣化現象の1つに、結露による水漏れがあります。
そこで今回は、折半屋根で発生した水漏れの補修方法として、ペフによる補修をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

結露による水漏れ補修する方法

改修工事直後や経年劣化によって屋根から水漏れが発生する場合があります。水漏れが発生してしまうと、床や壁が腐食したり、家電が故障したりしてしまいますので、水漏れのサインを見つけた際は早急に補修をすることが重要です。

特に結露が原因で発生する水漏れは、ぺフとよばれる厚さ1ミリメートル程度の断熱材を折板屋根の裏に貼り付ける方法で解決できる場合があります。ぺフは断熱性能・保温性能・保冷性能に優れており、断熱材の中でもコストパフォーマンスに優れています。

 

ペフのメリットについて

ペフとは、ポリオレフィンフォームという素材で作られるシート状の断熱材です。
ポリオレフィンフォームは、断熱性の高さだけでなく、非吸水性、軽量で成形が容易であるという特長もあります。そのため、屋根の形にフィットさせることで屋根の温度差を解消し、結露が発生するスペースを発生させません。

一方で、経年劣化の速度が速いというデメリットもあります。
ペフは10年前後でボロボロになってしまうケースが多く、環境条件が悪い場所では5年ほどで傷む場合もあります。ペフの劣化の主な原因は、アスファルト等の周囲の建物や地面からの日光の照り返しです。紫外線を吸収することで、ポリオレフィンフォームの柔軟性が低下してしまい、剥がれ落ちやすくなります。

ペフが傷んだ際は、以下の2つの方法で対処すると良いです。

1つ目は、業者に依頼して屋根を全て取り替える方法です。
古いペフだけ剥がして、新しいペフを貼り直す工事はできません。そのため、新しいペフを使いたいという場合は、屋根ごと全て交換する必要があります。

2つ目は、ペフを剥がして結露防止材を吹き付ける方法です。
この方法は、屋根を残したままにできます。屋根自体の交換に対してもったいないなと感じる場合は、こちらの方法がおすすめです。

 

まとめ

本記事では、折半屋根で発生した水漏れをペフで補修する方法をご紹介しました。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
当社は、雨漏りや屋根トラブルから大切な住まいを守ります。
屋根の補修をお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。


■ 24時間365日お問い合わせを受け付けております‼

■ 長良ショールーム来店予約

■ お電話
フリーダイヤル0120-548-124

■ 無料屋根診断はこちら

岐阜市・本巣市・山県市で地域密着、岐阜の屋根を100年守る日本いぶし瓦が、お客様のご自宅の屋根を診断して、必要であれば最適な屋根リフォームプランをご提案させていただきます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~皆様からのお問い合わせ、心よりお待ちしております~

岐阜市・本巣市・山県市で屋根リフォーム、板金、瓦、雨漏りなどでお悩みなら屋根リフォーム・雨漏り・防災専門店の日本いぶし瓦までお気軽にお問合せください!

【フリーダイヤル】0120-548-124

【受付時間】8:00-18:00 【定休日】第2、4土曜日、日曜日、祝日

〒502-0813 岐阜県岐阜市福光東2丁目13-16

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひ一度、
体験型ショールームに
お越しください!