岐阜市 M様邸 スレート屋根カバー工法工事

ご要望 築25年以上になり、かなり傷んできたので屋根のリホームを考えている。費用が見当もつかないので相談したい。(M様より)
完成した屋根の写真
事例

 施工事例データ

施工箇所 屋根全体
施工内容 カバー工法工事
工事期間
工事費用 150万円以下
使用商材 新東(株) エコル
色:ティーク(茶)
築年数 25年以上

ご提案内容 ①塗装②エコルでのカバー工法工事の2種類お見積りいたしました。塗装は10年毎に行うことが推奨されておりますが、エコルは30年の品質保証がついております。M様は今後のメンテナンスのことも考えてカバー工法工事をお選びになりました。
施工前はこちら

工事前の屋根の写真 苔が発生して茶色くなった屋根の写真 黒ずんだ屋根の写真
スレート(コロニアル、カラーベスト)は建売のお家やアパートで多く採用される屋根材です。 比較的安価で施工もしやすいため人気なのですが、年数が経ってくると表面の塗膜が劣化してこのようになります。 今では高耐久のスレートも出てきていますが、この頃のスレートは約10年毎に1回塗装が必要と言われています。メンテナンスのことも考えて、新しい屋根材を重ねることになりました。

施工中の様子

ルーフィングを貼り始めた屋根の写真 エコル施工中 樹脂製の人口木材を取り付けた屋根の写真
下地を確認し、既存のスレートの上に遮熱ルーフエアテックスというルーフィングを貼ります。 軒先からエコルを施工していきます。 こちらは隅棟(降り棟)です。木の代わりに樹脂製の人工木材を使用します。痩せたり腐ることがないので耐久性に優れています。
隅棟部材取付中の写真 大棟水切板金施工中の写真 完成した大棟の写真
その上からエコルの隅棟用部材を取り付けます。 大棟は既存の換気棟が特殊なもので、お家のことを考えてそのまま使うことにしました。
それに合わせて水切板金も作り取り付けます。
と言う訳で、エコルには平部と同じ石付きの棟用部材がありますが、大棟はこのような仕上がりに。既存のお家に合わせて臨機応変に対応することも、リフォームでは大切です。

施工が完了しました

完成後の屋根の写真 真上からみた完成後の屋根の写真
もともとの屋根の上から施工するカバー工法なので、廃材も少なく済みます。また、古いスレートはアスベストを含んでいるものが多く撤去に時間と費用がかかりますので日本いぶしではカバー工法をおすすめしています。 見た目も綺麗になり、安心してお過ごし頂ける屋根になりました!スレートの屋根リフォームをお考えの方、ぜひ参考にしてみて下さいね。

施工実績多数。施工事例とお客様の声多数掲載 地域密着で対応 岐阜 日本いぶしの屋根リフォーム 屋根リフォーム
  • 岐阜 屋根リフォーム メンテナンス 修理 差し替え 本谷 板金 塗料 ひび 基礎
  • 岐阜 塗料 ひび 基礎 葺き替え 切妻 米棟 入母 平板瓦 雪止め 金具