• HOME
  • 日本いぶしのスタッフブログ

【施工事例】アスファルトシングルの差し替え工事


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!
月曜日と雨が重なると、カーペンターズのRainy Days And Mondaysをいつも思い出します。歌詞は重たいですが(笑)メロディーと声が綺麗なのでこの曲を聴くと落ち着きます。
連休明けの月曜日。雨のスタートとなってしまいましたが、気合いを入れて頑張りましょう!

さて、今日ご紹介するのはホームページを見てご依頼頂きましたK様の工事です。6階建てのマンションの屋根修理をしてほしいという内容でした。

屋根材はアスファルトシングル。一部剥がれや割れが確認できました。
20180427_k_b01_2.jpg

陸屋根部分の防水層が剥がれています。
20180427_k_b20.JPG
放っておくと雨漏りに繋がることもあり心配ですが、お客様とご相談の上今回は屋根材の差し替えを行いました。

20180427_k_c01.jpg 20180427_k_c02.jpg
割れていた部分を取り除き、新しいものを差し込みます。新しいところはどうしても色が違って浮いてしまいますが、応急措置的な補修ですのでご容赦頂きました。

めくれている所はシングルセメントで接着しました。
20180427_k_c08.JPG

差し替え完了です!
20180427_k_c05.jpg


普段は一般住宅やアパート・社寺などの屋根を工事させて頂いておりますので、マンションは貴重な経験となりました!工事後のアンケートでは「全ての対応が良く満足してます。」と書いて頂き、とても嬉しかったです。K様、ご依頼頂きありがとうございました!!

小牧市 マンション屋根修理工事 K様の声

その他の施工事例一覧


日本いぶしは点検無料。どんな屋根でも一度ご相談下さい!
shindan-linkbanner.jpg

LINEならかんたんに被害箇所の写真が送れます!
LINEでかんたん屋根相談
友だち追加



腐らない桟木ってなーんだ?


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

ゴールデンウィークの中日、お休みの方も多いのでしょうか。毎日行楽日和が続いていて嬉しいですね!4月は30℃近くまで気温が上がる日が数日ありました。冬が寒かった分の反動なのでしょうか?このままいくと夏が怖いなぁと思っています。
まだ気温が高すぎない今の時期から生活に運動を取り入れて、夏を乗り切るための体力づくりをしておくと良いそうですよ♪

さて、4月の安全パトロールの中から一枚ご紹介したいと思います。
じゃじゃん!
20180426_b.jpg
普段はここに木があるはず...何か黒い棒がいっぱい...

実はこれ、エコランバーという樹脂製の桟木なんです!(桟木=瓦を施工する土台となる木)
20180426_b2.jpg
(フクビ化学工業株式会社さま)

樹脂製のメリットはなんといっても腐らないことですね。木材のように反りや曲がりがないので施工もし易いです。また、木材と同じように釘で留めるので専用の工具なども必要ありません。さらに、工場や家庭から発生する廃プラスチックを再生して作られているのでとてもエコな資材です。

まだまだ木材が圧倒的に多いですが、こちらの現場のお取引先様からはエコランバーを使うことを指定されております。そんな風にこれからどんどん増えていくのかもしれませんね。

これまでの歴史と新しいものを組み合わせ、お客様はもちろんのこと、施工者の危険や負担も軽減する現場作りができたらいいなぁと思います。

本日もブログをご覧いただきありがとうございました。


日本いぶしは点検無料。しつこい営業はいたしません!
shindan-linkbanner.jpg

LINEならかんたんに被害箇所の写真が送れます!
LINEでかんたん屋根相談
友だち追加

【施工事例】屋根のメンテナンスの重要性


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

今日ご紹介するのは、半年ほど前に瓦が1枚落ちてきて割れてしまった、というW様。そろそろ築40年ということで、全体的な点検を含めた修理のご依頼を頂きました。


落ちた瓦は接着され、元の位置に戻されておりました。緊結線が切れ、鉄筋棒が歪んでいます。瓦を留められていないので、落ちてきてしまったのもうなずけます。
20180417_b2.JPG


棟下の漆喰が剥がれて、中の土も少し見えています。わずかですが、右側のように新しく漆喰を塗ってあるところもありました。
20180417_b1.JPG



瓦自体は綺麗ですので、棟を再度留め直す工事・漆喰の塗り直し工事をさせて頂きました。

20180417_b5.jpg


瓦はとっても丈夫です。塗装の必要もないのでメンテナンスフリーと言われています。しかし、瓦を留めている緊結線や鉄筋棒(今は錆びに強いステンレス製の棒をよく使っています)、漆喰などの副資材と呼ばれる屋根材以外のものはメンテナンスが必要です。
これら副資材の修理目安は10年ごとですが、お家が置かれている環境に左右されます。それを踏まえると5年ごとには点検しておいた方が良いでしょう。


W様邸の詳しい工事内容やその他のお写真、工事金額などはこちらからどうぞ!
大垣市 W様邸 瓦屋根 棟修理工事

その他の施工事例一覧


日本いぶしは点検無料。しつこい営業はいたしません。
shindan-linkbanner.jpg

LINEならかんたんに被害箇所の写真が送れます!
LINEでかんたん屋根相談
友だち追加

前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
屋根リフォームを通じて住まいを快適にしてみませんか? 屋根修繕メニュー おすすめ屋根材 ラインで簡単お見積もり 屋根修理に火災保険が適用できるかも? 無料屋根診断 無料雨漏り診断
施工実績多数。施工事例とお客様の声多数掲載 地域密着で対応 岐阜 日本いぶしの屋根リフォーム 屋根リフォーム
  • 岐阜 屋根リフォーム メンテナンス 修理 差し替え 本谷 板金 塗料 ひび 基礎
  • 岐阜 塗料 ひび 基礎 葺き替え 切妻 米棟 入母 平板瓦 雪止め 金具