• HOME
  • 日本いぶしのスタッフブログ

【施工事例】屋根屋が薦める正しいラバーロック工事


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!
花粉真っ盛り!な季節ですね。皆さんは大丈夫ですか?私は皮膚科で処方して頂いているお薬がアレルギー性鼻炎にも効くということで、マスクなしで生活できています。それでもたまにくしゃみが止まらなくなったりするので、今年の花粉も強いようです。この時期の皮膚科・耳鼻科はどこも混んでいるでしょうが、やっぱりお医者さんのお薬はよく効きますよー!

さて、今日は屋根瓦のラバーロック工法工事のご紹介です。
ラバーロック工事を簡単に言うと、瓦と瓦を接着剤で留めるというもの。古い屋根は瓦が固定できなくなっている場合が多く、風で飛んでしまうということがないように行う工事です。

今回ご依頼下さったO様は、台風で屋根瓦が数枚めくれあがってしまったとのこと。お伺いするとピンポイントに瓦が外れて割れておりました。自然の力って不思議ですね。

20180315_b2.jpg

築年数が経っているお家ですと土葺きであることが多く、古い葺き土は乾燥して瓦を固定する役目を果たせなくなっていますのでこのように風で葺き飛ぶことがよくあります。できれば葺き替えをおすすめしますが、今後3,40年も住まないとお考えであれば、このように補強するという選択もあります。


そこで有効なのがラバーロック。このように瓦同士を固定します。

20180315_b.JPG


なかにはこのように左側もつける業者さんもいらっしゃいますが、日本いぶしは上記の方法が一番良いと考えています。
20180315_b1.JPG


4つのフチを全部とめてある屋根もたまに見かけますが、あれは水が抜ける隙間がなくなり雨漏りを引き起こします。大変残念なことですが、構造を考えずに施工してしまう業者さん(?)がいらっしゃるということです。そういう屋根を見かけると悲しい気持ちになります...。ラバーロック工事を提案されたら、どんな風にやるのか聞いて頂いた方が良いです!日本いぶしに依頼しなくても、それだけは覚えておいて下さい!

と、不安にさせてしまったかもしれませんが、ラバーロック工事をすることで強風対策になります。半年後の台風シーズンに備えて、今から検討してみて下さいね。


O様邸の詳しい工事内容やその他のお写真、工事金額などはこちらからどうぞ!
岐阜市 O様邸 屋根瓦ラバーロック工事

その他の施工事例一覧


ようやく春!この冬の雪で曲がった雨樋の修理も、火災保険が使えます
top_info_btn_05_pc.jpg


shindan-linkbanner.jpg

LINEならかんたんに被害箇所の写真が送れます!
LINEでかんたん屋根相談
友だち追加







日本いぶしが考える、屋根と地震。


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

3月初旬にOB様へニュースレター124便をお送りいたしました。2018年春号のテーマは「地震と屋根」。124便の中だけでは収まりきらなかったので、加筆したものをこちらに公開します。長くなりますがお時間があります時にぜひ読んでください。



地震と屋根

2011年3月、東日本大震災。2016年4月、熊本地震。この狭い島国で、10年以内に2度も最大震度7の地震が起き、多くの家屋が倒壊・崩壊しました。
20180316_1.jpg
(写真:キロクマ!様)

ここ東海地方も他人事ではありません。大きな地震が来ても崩れない家にするには、どうしたらいいのでしょうか。


瓦は重いから家を潰す?

瓦屋根で心配されるのはやはりその重さです。焼き物ですから重さがあります。日本瓦は1枚2.8kg。1㎡あたり約45kgになります。例えば板金屋根材のセネターは1㎡あたりの重さが約7kgですから、その違いは歴然です。
また、日本木造耐震補強事業者協同組合(木耐協)の調査では、屋根材が重くなるほど建物の耐震性が低くなるという結果が発表されており、軽さを重視して瓦以外の屋根材を選ばれる方もいらっしゃいます。

しかし、崩れない家に一番大切なのは建物自体の強さです。

建物が地震によって受ける力を地震力といいます。建築基準法では、木造住宅の場合、重い屋根(粘土瓦・セメント瓦)と軽い屋根(化粧スレート・金属)に分け、地震力に対する壁量(耐力壁※外からの力に抵抗することができる壁)を計算します。
つまり、設計時にあらかじめ屋根の重さに合わせて建物の強度を設定してあるので、瓦が重いから潰れる、と言ってしまうのはちょっと乱暴なのです。


倒壊する家・しない家

2005年に独立行政法人 防災科学技術研究所が、耐震補強をした家としていない家の下で、阪神淡路大震災と同じ震度7クラスの揺れを起こし、その耐震性を比較する実験を行いました。どちらも瓦屋根で、重さも同じです。
その結果、耐震補強をしていない家は倒壊し(写真右)、補強済の家は損傷はあるものの、倒壊しませんでした。(写真左)
20180316_2.jpg
(写真:愛知県陶器瓦工業組合さま)

このことからわかる通り、瓦屋根だから倒壊の危険性があるわけはありません。建物の強度が不十分であれば、軽い板金屋根でも倒壊する可能性があるのです。

ここでもうひとつ大切なことは、どちらの屋根瓦も落ちていないこと。この屋根は2棟ともガイドライン工法という、耐震仕様の施工方法を採用しています。

※ガイドライン工法は、一般社団法人 全日本瓦工事業連盟をはじめとした団体が作成した「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」に沿った、自然災害に負けない屋根づくりを目指した工法です。


屋根の地震対策

屋根の地震対策として、まず土葺きのお家は引掛け桟葺きに葺き直すor葺き替えることをおすすめします。築年数が40年前後経過している瓦屋根のお家は、土葺きである可能性が高いです。

20180316_4.JPG

土葺き工法は土で瓦を固定していますが、経年によって土が乾き、固定する役目を果たせなくなっていることがよくあります。その場合、瓦は屋根に乗っているだけの状態なので、大きな地震がくると揺れに耐えられず滑り落ちてしまうのです。また、土をおろすだけでも屋根はとても軽くなります。

ふたつめの対策は、耐震棟にすること。屋根で地震力に一番弱いのは棟です。崩れやすい棟に対応するのが耐震棟工事。棟金具というものを棟瓦の下に入れ、のし瓦や冠瓦をがっちり固定します。
20180316_3.JPG
これによって地震の揺れにも負けません。全部を葺き替えるのは金銭的な負担が大きいですが、棟だけでも耐震工事をしておくと安心です。※近年の洋瓦は棟金具が標準施工されています


耐震診断を受けましょう

今回屋根の耐震の話をさせて頂きましたが、先に申し上げた通り一番重要なのは建物の強度です。これまでの地震で倒壊・崩壊したお家で圧倒的に多いのは、旧耐震基準の1980年(昭和55年)以前に建てられたお家です。
国土交通省国土技術政策総合研究所が行った熊本地震における建築物被害の調査によると、旧耐震基準の木造住宅の倒壊率が28.2%と、とても大きかったという結果が出ています。(新耐震基準の倒壊率は8.7%)
熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会

築約40年以上経過しているお家は、一度耐震診断を受けられることをお勧めいたします。
岐阜県では、全ての市町村で無料もしくは補助を受けて耐震診断を受けることができますので、自治体に相談してみてはいかがでしょうか。→耐震化への支援(補助など)

今、どこでどのような災害が起きるわかりません。できることから少しずつ備えておきましょう。


相談・点検・見積り無料です!
shindan-linkbanner.jpg

LINEならかんたんに被害箇所の写真が送れますよ♪
LINEでかんたん屋根相談
友だち追加











【施工事例】台風で崩れた瓦屋根、火災保険で直しました!


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

3月も半ばに差し掛かっています。つい先日年が明けたと思ったのに、月日が経つのは早くて本当に驚きますね。
私の姪は4月から小学生。真新しい黄色い帽子を被り、ピカピカのランドセルを背負って得意げに披露してくれた彼女を見て、「もうこんなに大きくなったんだ」と感動するやら、ちょっと寂しいやら。いや、正直に言うと寂しい気持ちの方が大きいです。寂しさ90%ぐらいです。笑 でも日々成長する子供たちを見ていると、私も負けていられないなと思います!がんばれ大人!


さて、今日は葺き替え工事の事例をご紹介します。
昨年の台風で棟が崩れてしまったとお問い合わせ下さったY様。過去に別の屋根の葺き替え工事をさせて頂いたOB様です。またご依頼頂けたことをとても嬉しく思います!

さっそく屋根を見せて頂くと、このような状況でした。棟の左半分の瓦は落ちてしまっています。道路に面しているので大変危険です。
20180307_b1.JPG

台風による屋根の被害は火災保険の補償対象です。保険会社様に提出するお見積書と現状を写真におさめたものをY様へお渡しし、申請して頂きました。

無事に認定され保証金が下りたため、この機会に葺き替え工事をされることに決めたY様。上の写真を見て頂くと葺き土がパサパサに乾いていますので、屋根全体が同じような状況と考えられます。葺き替え工事をした方がよいタイミングです。

【BEFORE→AFTER】
20180307_b2.JPG 20180306_b2.JPG
どうでしょう!昔ながらの青緑(せいろく)色の和瓦から平板瓦に葺き替えたことによって、別の屋根のようになりました!今の工法は瓦をしっかり留めてありますので、もう台風がきても不安な思いをせずに済みますね。

Y様邸の詳しい工事内容やその他のお写真、工事金額などはこちらからどうぞ!
岐阜市 Y様邸 屋根瓦葺き替え工事・火災保険適用事例

その他の施工事例一覧


この冬の雪で曲がった雨樋の修理も、火災保険が使えます
top_info_btn_05_pc.jpg


shindan-linkbanner.jpg

LINEならかんたんに被害箇所の写真が送れます!
LINEでかんたん屋根相談
友だち追加

前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
屋根リフォームを通じて住まいを快適にしてみませんか? 屋根修繕メニュー おすすめ屋根材 ラインで簡単お見積もり 屋根修理に火災保険が適用できるかも? 無料屋根診断 無料雨漏り診断
施工実績多数。施工事例とお客様の声多数掲載 地域密着で対応 岐阜 日本いぶしの屋根リフォーム 屋根リフォーム
  • 岐阜 屋根リフォーム メンテナンス 修理 差し替え 本谷 板金 塗料 ひび 基礎
  • 岐阜 塗料 ひび 基礎 葺き替え 切妻 米棟 入母 平板瓦 雪止め 金具