【工事中】岐阜県岐阜市 棟積み替え工事の現場より「業者選びは慎重に」


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

年末に棟の漆喰の劣化が気になっている、とお問い合せを頂いた岐阜市のお客様。
本日より工事が始まっております!

こちらのお客様は、日本いぶしを含めた3つの会社にお見積り依頼をされた後、私たちにおまかせ下さいました。
工事内容は、漆喰補修工事・棟の積み替え・全体の葺き替え工事の3種類をご検討頂き、棟の積み替え工事に決定しました。

他に見積もり依頼をされた業者のうちのひとつは、屋根に上ることもなくぐるっと見渡しただけでその場で見積もりを出したそうです。現場調査のいい加減さもさることながら、見積もり金額もびっくり。
漆喰の修理工事だけで、私たちの棟の積み替え工事金額の倍額ほどだったとお聞きしました。

このお客様は複数の会社に見積もりを依頼(相見積もりといいます)されていたので気づくことができましたが、この一社にしか頼んでいなかったら、どうでしょう。
金額で損をするだけでなく、工事内容にも不安がありますよね。

悲しいことですが、こういった業者は本当に存在するのです。

・説明をきちんとしてくれるか
・見積もりに不明な点はないか
・信頼できる会社かどうか

今工事をご検討されている方は、こういったことをポイントに業者を選んで下さい。
相見積もりを取るのもひとつの方法ですよ!
私たちも、お客様にきちんとご納得頂いた上で工事をさせて頂きたいのです。



さて!気になる工事現場の様子ですが、
私が到着した頃、もう既存の瓦が撤去されておりました。仕事が早い!

29012401.JPG



これから古い葺き土を下ろし、新しく棟を積んでいきます。
29012405.JPG


職人によると、明後日には余裕をもって終わらせることができるとのこと。
最近は日々天気予報とにらめっこしながらの工事となっておりますが、また雪が降る前に完了できそうなのでお客様にも安心して頂けると思います♪


shindan-linkbanner.jpg

お問い合わせ

屋根修理工事事例一覧


LINEでかんたん屋根相談も受付中!
友だち追加






【現場調査】岐阜県岐阜市 雪による屋根瓦の被害状況


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

先週の雪はたっぷり積もりましたね。
日本いぶしの周辺は一週間経った今でも、屋根や道路の端に雪が残っています。

そんな中、雪で屋根瓦が崩れてしまったのでみてほしい、と調査のご依頼を頂きました。

29011901.JPG 29011902.JPG
まず、1階の下り棟(隅棟)の先の方が崩れ、鬼瓦も倒れています。葺き土もこぼれており、今にも瓦が落ちてしまいそうです。
一度の雪によるものではなく、雪が降るたびに負担がかかっていて、今回の雪で耐えられなくなったと思われます。


29011906.JPG 29011908.JPG
別の棟です。一番上の冠瓦と、のし瓦が落ちて無くなっています。
解けて→凍っての繰り返しで重くなった雪が下に落ちていく時に、瓦も引っ張られて落ちてしまったと推測します。
氷の塊となった雪はそれほどの威力があるのです。
棟瓦がなくなってしまったこの箇所は、雨漏りに繋がりやすく危険です。


29011903-2.JPG 29011904-2.JPG
上のものと同じ棟です。経年劣化もあり、漆喰が剥がれ、葺き土がさらされています。


調査の結果、瓦が崩れている棟と隅棟、合計2か所の棟の積み替えをご提案させて頂きました。
今はギリギリ屋根にとどまっている瓦が落ちると新たな被害を生んでしまいますので、早急な対応が必要です。


これからの一か月さらに寒さが厳しくなりますので、また雪が積もる可能が大いにあります。
もし被害があっても最小限に留められるよう、皆様もちょっと屋根を気にしてみて下さいね。
屋根の様子が気になりましたら、日本いぶしの屋根リフォーム 屋根診断士による無料屋根診断をぜひご利用下さい。
ご予算に合わせ、無料でお見積もりいたします。

お問い合わせ
屋根修理工事事例一覧


LINEでかんたん屋根相談はじめました!
友だち追加






【現場調査】岐阜県岐阜市 屋根瓦が割れた原因は?


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

岐阜市にお住まいの方より、屋根瓦が割れているということで調査のご依頼を頂きました。

2016121301.JPG 2016121302.JPG
まず軒天が腐食して損傷を受けており、中まで見えていました。

20161213037 .JPG 20161213048.JPG
その上の瓦は劣化していて浮いており、平部や袖部が歪んでいます。
J型陶器瓦、ハイシルバー色です。

2016121305.JPG

瓦を1枚めくってみると、表からは見えませんでしたが裏側が剥がれています。
これは凍害によるものであると判断いたしました。

瓦は陶器ですから、水分を含みます。
寒さが厳しい地域ですとその含んだ水が凍ることによって膨張し、瓦が破損してしまうのです。
これを凍害と呼びます。

現在の瓦は技術の進歩によりこのような現象は起きにくくなっておりますが、
寒い地域で築年数の経過しているお家ですと、凍害は珍しくありません。
お家によっては瓦の裏側だけでなく、表もぼろぼろと崩れてしまっている場合もあります。

調査により、今回は腐食している下地の造り直しと、瓦の交換をご提案致しました。

屋根の様子が気になったら、日本いぶしの屋根リフォーム 屋根診断士による無料屋根診断をぜひご利用下さい。
ご予算に合わせ、無料でお見積もりいたします。

屋根修理工事事例一覧はこちら

LINEでかんたん屋根相談はじめました!
友だち追加





施工実績多数。施工事例とお客様の声多数掲載 地域密着で対応 岐阜 日本いぶしの屋根リフォーム 屋根リフォーム
  • 岐阜 屋根リフォーム メンテナンス 修理 差し替え 本谷 板金 塗料 ひび 基礎
  • 岐阜 塗料 ひび 基礎 葺き替え 切妻 米棟 入母 平板瓦 雪止め 金具