• HOME
  • 日本いぶしのスタッフブログ

岐阜県のフリーペーパー「GiFUTO」11月号


こんにちは!日本いぶしの屋根リフォームです!

岐阜にはたくさんフリーペーパーがあるのですが、
お気に入りのひとつ、GiFUTOさんの11月号が届きました。(美味しそうな表紙)
20161021-blog01.JPG

美味しいものを求めてページをめくると、
巻頭特集が織田信長公居館の発掘調査についてでした。
なんとそこで日本いぶしが岐阜市へ復元・寄贈をさせて頂いた、金箔瓦の写真を見つけたのです!

↓金箔瓦について↓
織田信長居館跡から出土した金箔瓦を復元

このように岐阜の歴史が明らかになっていくことはとてもワクワクしますし、
それに少しでも関わらせて頂いたことをとても誇りに思います。

お手元にGiFUTOがある方は、ぜひ金箔瓦の写真を探してみて下さい♪
無い方も、こちらから見ることができます。

来年は、織田信長公 岐阜入城・岐阜命名450年の記念イヤーです。
様々なイベントも行われるようなので、とても楽しみですね。

岐阜県羽島市のお客様より 雨漏りSOS


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

今週は気温が高めな日が続いておりますが、
陽も短くなり、少しずつ冬に向かっている気配もありますね♪

先月は長~い雨の期間がありました。
6月の梅雨よりも長くとても憂鬱でしたが、そんな秋雨もそろそろ終わる頃、
無料雨漏り診断のページより修理のご依頼をいただきました。

早速お伺いし、お家を見せて頂きます。
まず、壁にシミができていました。雨漏りの代表的な症状ですね。
20161019-y-blog01.JPG

続いて屋根です。
雨漏りは原因の特定が難しい時もありますが、
今回の原因は・・・
ココです!!!

20161019-y-blog02.JPG

「谷」です。
流れ方の違う屋根がぶつかるので、雨水がたくさん集まるところです。

20161019-y-blog12.JPG

谷部には、雨水をちゃんと流すために瓦の下に「谷樋」をつけてあります。
経年劣化などでその谷樋に穴が空き、そこから雨漏りする、というのが
一番スタンダードな谷からの雨漏りだと思うのですが、今回は違いました。

20161019-y-blog05.JPG

谷樋に「水返し」と呼ばれる部分がなかったのです。
潰れたのか施工不良なのか定かではありませんが、
排水のための谷樋が機能せず、雨水が溢れていました。


谷の断面図をイラストにしてみました。伝わるといいのですが...

【水返しがある場合】
谷樋に流れ込んだ水は、水返しにぶつかり、谷の中央に戻ってきます。
そして、適切に排水されます。
20161019-y-blog06-2.jpg

【水返しが無い場合】
反対側を飛び越え、谷樋から雨水があふれ出してしまいます。
谷部からのオーバーフロー。これが今回の雨漏りの原因でした。
20161019-y-blog08.jpg


と、言う訳で、
谷樋を交換して、もう安心です!
20161019-y-blog10.JPG

20161019-y-blog11.JPG

雨漏りは早急な対応が望まれます。
ちょっとでも「おかしいな?」と思ったら、一度お問い合わせ下さい。
無料雨漏り診断のお申込み

今回の詳しい施工事例はこちらへどうぞ!
羽島市 Y様邸 雨漏り修理工事



ご挨拶

  • 投稿日:2016年 10月17日
  • テーマ:その他



daihyou2.jpg 皆さん、はじめまして。日本いぶしの屋根リフォームの野々村 将任です。当店は、地域密着で現在95年以上が経ちました。お客さまの「ありがとう」この一言のために頑張っております。

最適なご提案ができるので、
屋根に関して安心してご依頼いただけるよう、お客様にご納得いただけるまでご説明いたします。よろしくお願いいたします。

よりお客様との繋がりを大切にし、お気軽にお問い合わせいただけるように、LINEでお見積りも始めました。 どうぞご利用ください!



前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
屋根リフォームを通じて住まいを快適にしてみませんか? 屋根修繕メニュー おすすめ屋根材 ラインで簡単お見積もり 無料屋根診断 無料雨漏り診断
施工実績多数。施工事例とお客様の声多数掲載 地域密着で対応 岐阜 日本いぶしの屋根リフォーム 屋根リフォーム
  • 岐阜 塗料 ひび 基礎 葺き替え 切妻 米棟 入母 平板瓦 雪止め 金具
  • 岐阜 屋根リフォーム メンテナンス 修理 差し替え 本谷 板金 塗料 ひび 基礎