2017年3月の日本いぶし安全パトロール


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

事故等なく安全に工事が進められるよう、弊社では月に一度現場の安全パトロールを実施しています。
安全面だけでなく、お施主様を始めとした工事に係わる全ての方へのマナーなどもチェックし、良い現場づくりに励んでおります。チェック項目は全部で20個以上ありますが、その中から今回の写真を交えて少しご紹介しますね!(写真は複数の現場が混在しています)


■ヘルメットなど、保護具は確実に着装する→OK
20170318-blog01.JPG


■資材や道具などは一箇所にまとめる→OK
■歩行者・自動車の交通の妨げにならないように気を配る。→OK

20170318-blog02.JPG
20170318-blog03.JPG


■タワーの設置・使用状況は適切かどうか→OK
20170318-blog04.JPG


細かいところにも目が行き届いており、ほぼ問題はありませんでした。いつもきちんとした現場づくりにご協力頂いている職人さんに感謝です。良いところは他の社員・職人さんにも共有して、今後の現場も皆で良い工事にしていきたいと思います!



shindan-linkbanner.jpg

お問い合わせ

屋根葺き替え工事事例一覧

LINEでかんたん屋根相談も受付中!
友だち追加





瓦屋根のお家にお住まいの皆様へ嬉しいニュース!愛知・岐阜・三重 地震に強いガイドライン工法のリフォームに対し、補助金の流れ


こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!

東日本大震災から6年。それ以降も毎年のように大きな地震が発生している日本。その度に屋根瓦が崩れ落ちているニュース映像が流れ、瓦屋根のお家にお住まいの方は大変ご不安かと思います。


しかし、瓦が地震に弱いという認識は誤りです。


築年数が経過しているお家は、瓦を葺き土だけで固定しているところが多いです。年数が経過して土が乾きサラサラの砂状態になっているお家は、大きな地震などがあった際、葺き土ごと瓦が落ちてしまうことがあります。それがあの映像です。被災地の屋根瓦が崩れたお家をよく見ると、土も一緒に崩れているところが多いことがお分かり頂けると思います。


瓦業界は、阪神大震災以降、瓦をしっかり固定する「ガイドライン工法」(三州瓦のページへ飛びます)を開発しました。そして耐震実験の結果、ガイドライン工法による瓦屋根は震度7クラスの地震に耐えることができる、と証明されています。



まだあまり知られていないガイドライン工法ですが、昨日3月8日の中日新聞の記事によると、愛知県陶器瓦工業組合が2017年度より愛知・岐阜・三重などで、古い住宅の屋根をこのガイドライン工法でリフォームする場合に、補助金を出す制度を始める計画をしているそうなんです!!
(著作権の関係で記事を載せることができませんので、お手元に昨日の中日新聞がある方は7面を見てみて下さい!)

お客様は金銭的なご負担を軽減できますし、私たち屋根工事店にとってもお客様に安心してお住まい頂けることは、この上なく嬉しいことです!昨日・今日と雪が降りましたが、新年度はすぐそこ。また続報が出ましたらすぐにお知らせいたしますね!


日本いぶしの屋根リフォームはもちろんガイドライン工法にも対応しております。ぜひご相談下さいね。
shindan-linkbanner.jpg

お問い合わせ

屋根葺き替え工事事例一覧

LINEでかんたん屋根相談も受付中!
友だち追加





施工実績多数。施工事例とお客様の声多数掲載 地域密着で対応 岐阜 日本いぶしの屋根リフォーム 屋根リフォーム
  • 岐阜 塗料 ひび 基礎 葺き替え 切妻 米棟 入母 平板瓦 雪止め 金具
  • 岐阜 屋根リフォーム メンテナンス 修理 差し替え 本谷 板金 塗料 ひび 基礎